子供用の身長サプリを大特集!サプリメントの効果を高める方法も紹介♪

HOME » 子供の身長にまつわるQ&A » 低身長は遺伝のせい?

低身長は遺伝のせい?

このページでは、遺伝と身長の関係を解説しています。

遺伝が身長に与える影響は約25%

子供の身長は、ある程度、遺伝で決まってしまいます。
それなら、いくら食生活や睡眠時間に気を遣ってもムダな努力なのでしょうか?

ご安心ください。遺伝が、子供の身長にあたえる影響は約25%でしかありません。
190cmもある俳優の阿部寛さんは、ご両親が160cmに満たないと言いますし、周りにも両親をはるかに越えて成長している子供もたくさんいますよね。

つまり、残りの約75%は後天的な要因。特に影響が大きいのが、栄養・運動・睡眠という身長を伸ばすための三大要素です。身長は、遺伝よりもむしろ、生活習慣の影響を多く受けるのですね

「食生活や睡眠時間には、もう気を配っているんだけど…」という方もいらっしゃるでしょう。もしかすると、たくさん摂っているつもりでも、カルシウムや亜鉛などを身体にうまく吸収できていない可能性もあります。その場合は、身長サプリと呼ばれる栄養剤を利用してみるのも一つの手だと思います

おすすめの子供向け身長サプリランキングはこちら

両親の背丈から将来の身長を計算してみましょう

ちなみに、両親の背丈から子供の身長を予測する計算式があります。あくまで100%遺伝することを前提とした計算式ですが、参考までに紹介しておきましょう。

<男子>
予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2
<女子>
予測身長={(父親の身長-13)+母親の身長}÷2

お子さんの身長は、予測値に比べていかがですか?

別ページで紹介した「各年齢における身長の伸び幅」から、今の年齢だとあとどれくらい伸びそうかを割り出してみると、予測値と比較しやすいと思います。

そして、予測値に比べて現在の身長が高いようであれば、生活習慣も問題なさそうだと安心していただけるでしょう。逆に、予測値よりも低いようであれば栄養・運動・睡眠を見直してみる、という指標になりますよね。

 
チビっ子用の身長サプリ大事典