子供用の身長サプリを大特集!サプリメントの効果を高める方法も紹介♪

HOME » 子供の身長にまつわるQ&A » 伸び盛りは何歳?

伸び盛りは何歳?

身長が伸びる時期は成長期だけなのか?この気になる疑問について解説させていただきます。

子供の身長が最も伸びる時期とは

子供の身長、育ち盛りはいったいいつ?

人間の一生のうちでもっとも身長が伸びるのは、生後の1年間と言われています。この1年間で、なんと産まれたときのおおよそ1.5倍にもなるのだとか。

その次に伸びるのが思春期(成長期)です。思春期とは、女の子は10歳から12歳、男の子は12歳から14歳のころの事を言います。

この時期にグンと伸びて、その後は一般的に男性では25歳、女性で22歳くらいまで少しずつ伸びていきます。

なお、日本人の平均身長は、男子170cm、女子158cmだそうです。
※平成18年度学校保健統計調査より

将来の身長のために気をつけたいこと

ある研究では、思春期(成長期)が訪れが遅いほど、最終的な身長が高くなる傾向にあることがわかってきたそうです。

思春期の前に身長をどれだけ伸ばせるかが、高身長になるポイントなのだとか。高身長を目指すには、伸びる時期にたくさん栄養をとって成長ホルモンを分泌させることが大切です。

栄養不足や睡眠不足で分泌される成長ホルモンの量が減ると、身長が伸びにくくなってしまいます。

伸長に大切なカルシウムを補う

子供の身長を伸ばすために欠かせないカルシウム

身長の伸びには個人差があるので、30歳近くになっても伸びている人はいます。しかし、高い確率で背を伸ばしたいなら、思春期に『カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD』など背を伸ばすために必要な栄養素をしっかり摂取する必要があります。

しかし残念なことに、身長に大きく影響するカルシウムについては、日本人の摂取量は先進国で最も低いと言われています。

欧米化してきたとはいえ、まだまだ日本の食生活では、カルシウムは1日の必要摂取量に届いていないのが現状です。

したがって食事に気をつけるのはもちろんのこと、サプリメントなどで補うことも大切です。

 
チビっ子用の身長サプリ大事典