子供用の身長サプリを大特集!サプリメントの効果を高める方法も紹介♪

HOME » 子供の身長を伸ばす栄養素 » タンパク質

タンパク質

このページでは、たんぱく質に秘められた、身長を伸ばす効果について解説しています。

身長を伸ばすには、たんぱく質が肝心

たんぱく質のイメージ画像「身長を伸ばすにはカルシウムが必要」とよく言われますが、
負けず劣らず大切なのが、たんぱく質です。

人間の身体は約60兆個もの細胞から成り立っていますが、その細胞はたんぱく質からできています。皮膚や血液、酵素、骨、筋肉も同じです。

身長を伸ばすには骨を伸ばす必要がありますが、たんぱく質のひとつであるコラーゲンが骨を大きくし、そこにカルシウムが加わることで硬い骨が出来上がるのです。

特に子供は、多くのたんぱく質を必要とします1日に必要な摂取量は、大人が60~80gなのに対して、小学生は55~75g中高生は75~90gとされています。身体が小さいにもかかわらず、大人と同じかそれ以上の量を必要としているわけです。

そもそも、たんぱく質って何?

ではいったい、たんぱく質とは何なのでしょうか?化学的に言えば、アミノ酸が多数連結してできた高分子化合物。約20種類ものアミノ酸が、折りたたまれるように連鎖して作られています。

アミノ酸の配列によって、約10万種類ものたんぱく質が存在します。代謝などの化学反応を起こすための触媒である酵素、生体構造を作るコラーゲンやケラチン、生体内の情報伝達に関わるたんぱく質ホルモン、運動に必要なアクチンやミオシン、免疫に重要な役割を果たしている抗体、血液中で栄養分やホルモンを結合するアルブミンなど。生物の身体活動のさまざまな場面で、想像もつかないほど多くのたんぱく質が活躍しているのです。

また、約20種類のアミノ酸の中には、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸が存在します。これらは毎日の食事から摂取するしかありません。牛肉や豚肉、鶏肉はもちろん、魚介類や乳製品、卵、大豆などを、バランスよくたくさん食べることが大切です

成長するためには毎日摂る必要があります

身長サプリを飲む子供体内にたくさん存在するたんぱく質ですが、一定期間を過ぎると本来の機能を果たさなくなります。
古いものは分解されて体外に排出され、その分、食事によって新しいたんぱく質を取り入れているのです。

こうして毎日、身体中のたんぱく質の約3%が入れ替わっていると言われています。
食事でたくさん摂取しなければならない理由が分かりますね。

ただ、食事だけで必要量を摂るのも大変なこと。栄養面ばかり気にしていたのでは、せっかくの食事も楽しめなくなってしまいます。そんな時には、サプリメントで補給してあげるのも良いでしょう。今では子供向けの専用サプリも開発されているので、これらを利用してみるのも一つの手だと思います。

>>子供の身長を伸ばす専用サプリを集めました

 
チビっ子用の身長サプリ大事典